[lubuntu] Javaのバージョンを切り替える


Warning: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/aksoft2011/www/dfour/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524
Pocket
LINEで送る
[`evernote` not found]

lubuntu

photo credit: The Kona Express via photopin cc

課題

lubuntuへjdk7をインストールしたのですが、javacなどのコマンドではjdk6が動いてしまう。
どうしたら良いのか調べたので備忘録。

update-alternativesコマンドの実効

以下のコマンドを実効する事で実効するJDKの選択が出来ます。

# sudo update-alternatives –config java
alternative java (/usr/bin/java を提供) には 2 個の選択肢があります。
選択肢 パス 優先度 状態
————————————————————
* 0 /usr/lib/jvm/java-6-openjdk-i386/jre/bin/java 1061 自動モード
1 /usr/lib/jvm/java-6-openjdk-i386/jre/bin/java 1061 手動モード
2 /usr/lib/jvm/java-7-openjdk-i386/jre/bin/java 1051 手動モード
現在の選択 [*] を保持するには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください:

入力待ちになるので選択したいJDKのバージョンに対する番号を入力すると、JDKのバージョンが切り替わります。
なんて楽なんだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL